LINEアイコン instaアイコン

外壁塗装には建物の美観を高める働きだけでなく、外壁そのものを保護するという大切な役割がございます。
水を弾く性質の金属でも、サビやカビの影響を受け寿命を縮めてしまいます。
屋外にあるものは全て塗装の必要がございます。

一般的な塗料を使われているお家であれば、塗り替え時期は 10 年前後と言われています。
少しのひびやかびなど、そのまま放置しているとおうちの寿命が縮まってしまいます。
お家も生きています。
よくある事例でいいますと、外壁の塗り替え時期が 10 年前後なのに対し 紫外線の影響が強い屋根や、雨の影響が強いバルコニーは 7.8年で防水塗膜がきれてしまっている場合がございます。 すると、軒天井にこのような雨染みができるケースがございます。

一般的な塗料を使われているお家であれば、塗り替え時期は 10 年前後と言われています。
少しのひびやかびなど、そのまま放置しているとおうちの寿命が縮まってしまいます。
お家も生きています。
よくある事例でいいますと、外壁の塗り替え時期が 10 年前後なのに対し 紫外線の影響が強い屋根や、雨の影響が強いバルコニーは 7.8年で防水塗膜がきれてしまっている場合がございます。 すると、軒天井にこのような雨染みができるケースがございます。

このような雨染みも放置していると、本来必要でない、軒天井の張り替えなどの工事が必要になってしまいます。
軒天井に雨染みがあれば、塗り替え時期のサインのひとつと言えるでしょう。

手で壁を触った際に粉がつく、ラジカル (チョーキング) 現象
防水シール目地の硬化 (ヒビ割れや剥がれがおきていないか)

などの確認で塗り替え時期を判断できます。

塗料によっては苔や錆を起こりにくくしたり、壁や屋根の強度を強くしたり、更には室内の温度上昇を防ぐ働きがあるものまで存在します。
弊社ではそのどれも取扱がございます。
塗装でお悩みの方はどうぞお気軽に無料見積もりをご利用ください。